■■■■■FLC Conference 2007発表者の募集について■■■■■

 

金澤俊吾(The Formal Linguistics Circle 世話人, 岩手県立大学宮古短期大学部)

岸浩介(FLC Conference 2007開催責任者, 東北学院大学教養学部)

 

 昨年FLC Conference 20064名の発表者を迎えることができ成功裏に終えること できました。今年も自由に活発に討論のできる会にしたいと思っております。ふるってご応募下さい。

 

【開催日】平成19714日(土)

【場所】東北学院大学泉キャンパス(泉区天神沢2-1-1)教養学部

【発表時間】原則として、質疑・応答を含めて1人35分(発表25分+質疑応答 10分) とします。

 

【募集内容】「ことば」に関わる研究発表

言語教育に関する発表もこれに含みます。

研究対象とする言語は問いません。

現在、関心を持っているトピックや、修士論文・博士論文等で これから取り組もう とする内容や、 すでに論文の形になっているものや投稿予定のもなど、ここでのディスカッション を活用するという発表を歓迎します。

 

 

【応募締め切り】平成19620日(水)までに、以下の情報を加えて、メールで下 記までお送り下さい。

メールのタイトル(Subject欄に): 「FLC Conference 2007応募」と明記の上、

本文欄に次の情報を書いて下さい。 

氏名

所属(院生の場合は大学名と研究科名、学年まで明記のこと。)

メールアドレス

連絡が取り易い連絡先、電話番号(携帯電話等)

発表タイトル

発表要旨(日本語で800字程度、英語の場合は500語程度、ただし文献一覧は 字(語)数には含めません)

 

当日Power Point等を使用する場合はその旨をお知らせ下さい。

 

 

【申込方法】テキスト形式のメールにて2人に送信してください。

  ・金澤俊吾(E-mail: kanazawaATiwate-pu.ac.jp)

  ・岸浩介(E-mail: kishiATlang.tohoku-gakuin.ac.jp)

 

 

【査読結果の連絡】査読をし、その結果、発表者を決定します。結果は6月下旬にご連絡する予定です。                 

 

 

Proceedingsの刊行について】

発表して頂いた内容を論文の形にまとめて頂き、翌年Working Papers in Linguisticsとして刊行する予定です。

 

 

【その他】

応募に際してお送り頂く皆様の情報は、個人情報であり、本発表および連絡等にのみ使用するものであり、管理を厳重に行います。

詳細なプログラムはメールおよびFLCのホームーページ上でお知らせします。(今回 の詳細なプログラムは7月上旬に更新の予定です)

FLC Conferenceに関するご意見、ご質問等をお寄せ頂きたく思います。世話人、開 催責任者までお願いします。